住宅を不動産運用するときの注意

マイホームとして住んでいた住宅を、なにかの事情で住まなくなったとき、賃貸一戸建てやマンションとして利用をするという選択肢があります。海外へ1年ほど行くので、その間だけ賃貸に出して運用をするなら、メリットがあります。しかし、不動産を売却するか、賃貸に出すかで迷ったら、まずは査定をしてみましょう。住宅は、経年劣化するので、年月が経過するほど価値が下がっていきます。タイミングによっては、売却をしてしまったほうがよいこともあります。選択肢がいくつかある場合には、それぞれの選択肢を選んだケースでシミュレーションをしてみて、最もメリットがある方法を選びましょう。

資産価値の高い不動産の取引

同じエリア内でも、販売価格の差が見られる場合があります。資産価値の高い不動産は、同じ用な敷地面積や建物面積であっても、販売価格に差が出てくるからです。資産価値が低いと、住宅そのものの価値が低くて土地価格のみというような評価額の場合もあります。住宅として取り扱われずに、古屋と呼ばれている場合です。古屋でもリフォームを大規模に実施すれば快適に暮らせるようになる場合もあります。資産価値が高ければ、古屋に見えるような築年数の戸建でも販売価格が高く設定されています。幹線道路に近い利便性や、安全に歩行しやすい歩道なども考慮されている場合がありますので、担当者に説明してもらうと良いでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 住宅情報をネットで探すには All rights reserved